yoshizozo.blog

自己管理できるように目指してるしがない既婚者です。美容・健康・グルメ・ブログで使える機能について書いてます。日々勉強になります^^

英文記事和訳について〜ある日訴えられて法外な請求書が届かないために〜

目次

 

f:id:yoshizozo:20201017122300j:plain

 

ブログ、何書こうかなぁ?って悩んでたら、夫が英文記事訳して載せればいいんじゃない?勉強にもなるしいいと思う。とアドバイスしてきてくれたので、それはいいかも!と思ってやろうとしたのだが、果たして本当にそんなことやっていいのだろうか?と疑問に思った。

海外人気歌手の英語歌詞を訳してサイトに載せたり、海外記事を訳して載せたりしてる方がいるがこれって許可いらないのかな。。

 

記事を和訳して訴えられる可能性

f:id:yoshizozo:20201017122354j:plain

例えば、国内の記事でもちょっと引用するよって時でも引用しましたよ〜の印と引用元を載せなきゃダメなんだけど、海外のもそうなんじゃないのかなって思うの。

引用すれば全部OKってわけじゃないけど、引用の形式をきちんと守ってれば、ある日突然海外から高額な請求が来るってことは避けられる。

あとは著作権切れの物を使うのが訴えられる可能性が低くてそちらの方が安全かもしれない。

 

古い文献の英語記事はどこで読めるんだろう…。図書館?ネットで出回ってる記事はだいたい新しいよね。みんな新しい物が大好きだから笑

記事には作成された時点で当然著作権があるから、海外記事全文を勝手に訳して、ブログに載せるなんてことはやってはいけない。

あんまりバレることはないらしいけど、もしバレたら高額請求されて困った…どないしょ…ってなっちゃうから、気をつけよう…。

 

訴えられないために

f:id:yoshizozo:20201017122436j:plain

最初に書いてた、英文記事を訳すってやつから話すごいずれたけど、記事や歌詞訳したの乗せたければ

 

著作権切れ使う

・許可をとって使う

・引用してますを記事の中ではっきりさせる

 

記事全文を和訳して掲載するとなるとただ訳しましたよってのを乗せてはオリジナリティが見られず、盗用じゃないですか!ってなって訴えられるので気をつけよう。

全文じゃなく、一部引用レベルで引用の形式をきちんと守っていれば、まぁ黒ではないから訴えられはしないとは思う。

実際に訴えられるのはよっぽどじゃないとないとは思うけど著作権侵害ってないって訴えられないためにも全文を訳すのはやめとこう。 

 

著作権侵害や盗用で思い出したことがあるんだけど、

 

種苗法改正について

f:id:yoshizozo:20201017122533j:plain

 

こちらは自国の農作物を勝手に他国で使用され、勝手に品種改良されて困ってるって話でちょっとずれるんだけど、最近ネット界隈で中国とかで盗用が多くてふざけるな!って意見をよく見るんだけど、これは訴えることはできないのかなぁ。

例えば有名な物だとイチゴの品種。イチゴの品種が盗まれたとか有名でツイッターとかでも良く流れてた。

 

そのために種苗法改正ができたんだっけ?結局やってないんだっけ?このニュースが流れた時、なんかこの改正は改悪だ!って騒がれてたけど、よくよく調べると海外に無断で利用されないための改正案みたいだったそうで、当時の自分も有名な芸能人が声を上げて反対!とか言ってたから改悪なの?なんか難しくてわからん。。ってなってた。

 

それも不安を煽ってくる報道の仕方に問題があるんだけど、正しい情報って伝わりにくいもんじゃね。間違って解釈してしまった人が著名人で大きな声を上げてしまうと一気に我ら無知で流されやすい人々は同調してしまう。

あの人がああ言ってるからじゃなくて、一回自分の中で受け止めて自分はこう思うって意見を出した方がいいと思う。

 

言うても、不安煽る報道→力のある人が発信のコンボで大体の人はその情報を信じてしまう。長いものに巻かれるって感じ。だってその方が楽だもんね。

SNSで意見が発しやすくなった現在、誰でも意見を言えるようになったのは良いことだと思う。だけど、発してることが本当に自分がそう思ってて責任が取れるか取れないかと言うとそんな、深く考えてなかったし、、ってなると思う。

 

自分もツイッターでよく呟くけどそんな深く考えて喋ってることはほぼない笑

その日あった、自分の出来事をぼんやり喋るのは毒にも薬にもならないからいいと思うんだけど、こう言う重要な事項が偏った報道の仕方で勘違いしてしまった人たちが一斉に反対意見を述べるのは一種の洗脳だと思う。

これに対しての責任はどこにあるのか。やはり、記事を書いた方じゃないかな。。

だから、記事が受けるからと言って無責任になんでも書くのは、、まぁ、その方が人が食いついちゃうから書いちゃうんだろうけどね笑

売れないと目につかないとってなるもんね…。

自分もブログ書いてて、書いてるのにだーれも見てくれて無かったら日記やな!ってなるし。

記者さんもそこら辺考えて食いつく記事を書きたいからそうやって書いてるんだろうな。

見はするけど安易に感情乗せてくと後から取り返しのつかないことになったーってなったら面倒だから、ちゃんと事実確認をしてから意見を発するように気をつけたい。

 

 

  

プライバシーポリシー お問い合わせ